隔月刊誌「Helicopter JAPAN」

バックナンバーリスト

バックナンバーをご注文の際は、お問い合わせフォームにて在庫のご確認をお願い致します。

お問い合わせ バックナンバー在庫確認
2020.2-3月号表紙

巻頭特集
 令和元年東日本台風における消防防災ヘリの活動 


HJレポート
 2018年、消防防災ヘリによる救急・救助活動実績
 国内民間ヘリ機種別登録・抹消の動向
 SUBARU BELL 412EPX、アメリカとシンガポールで実機初展示


製品紹介
 エイチ・エス・リンクが新しい航空灯火製品の販売開始 


登録ヘリコプター 2020年1・2月

募集


HJトピックス
 釜石港で洋上救急慣熟訓練実施


特別寄稿
 受援計画策定の勧め 神谷 翔

金鳥玉兎 -あこがれの職業ー 伊藤 博基

連載・V-22オスプレイにどう向き合うのか  Part2(3) 大西 正芳

ヘリコプター・エッセイ(85)  大月 雄喜章

トラの遠吠え

My Shot

ニュースボックス

FROM EDITOR・次号予告

トピックス

宮城空港ヘリベース
仙台市消防航空隊
その被害規模から1977年の沖永良部台風以来、42年ぶりに気象庁が命名した令和元年東日本台風(台風19号)。関東甲信、東北地方を中心に記録的な大雨をもたらし、土砂や浸水による甚大な被害が発生した。陸路からの救助が困難な被災地で、要となったのは空からの救助であった。緊急消防援助隊航空小隊として今回消防防災ヘリコプターが派遣された先は宮城県、福島県、長野県の3県。編集部ではまずは消防防災ヘリにより救助された人数が最も多かった宮城県に取材に行った。