月刊誌「Helicopter JAPAN」

バックナンバーリスト

バックナンバーをご注文の際は、お問い合わせフォームにて在庫のご確認をお願い致します。

お問い合わせ バックナンバー在庫確認
2018.8-9月号 表紙

巻頭特集
 平成30年7月豪雨における消防防災ヘリコプターの活動
   岡山県における活動
   広島県における活動
   香川県防災航空隊による救助活動

HJレポート
 国際航空宇宙展2018東京開催
 東京消防庁出初式に消防ヘリ5機参加
 HEM-Netシンポジウム開催
 第9回ヘリ協講演会開催
 緊急消防援助隊関東ブロック合同訓練実施
 レオナルドヘリコプターズ日本セミナー2018開催(2)

登録ヘリコプター 2018年11・12月

連載・Rogan's EYE Eddie Rogan

HJトピックス
 陸自宇都宮分校で平成最後の年頭編隊飛行訓練
 第1ヘリコプター団年頭編隊飛行訓練
 陸曹航空操縦学生中期課程卒業式
 東部方面航空隊、年始編隊訓練
 習志野演習場で降下訓練はじめ

ヘリコプター・エッセイ(78)  大月 雄喜章

連載・V-22オスプレイにどう向き合うのか(5) 大西 正芳

ニュースボックス

FROM EDITOR・次号予告

トピックス

特集写真
平成30年7月豪雨では、被災地に緊急消防援助隊が派遣され、岡山県には6機、広島県に8機、愛媛県に2機、高知県に2機の消防防災ヘリコプターが出動し、活動を行った。特に今回は堤防の決壊により町の4分の1という広大な地域が冠水した岡山県倉敷市真備町や、大規模な土砂崩れで交通・通信網も寸断され孤立した広島県呉市安浦町など、陸路では救えない状況が多数発生し、広島県では95名、岡山県では46名を救助するなど、消防防災ヘリコプターが孤立者救出の要となって活躍した。そこで編集部では岡山市、岡山県、広島市、広島県の消防防災航空隊と、緊急消防援助隊として広島県に派遣され、小型ながらも2日間で56名を救助した香川県防災航空隊の5隊を取材した。